喜劇映画研究会代表・新野敏也による ドタバタ喜劇を地で行くような体験記♪
作品の感想は語れず 衒学的な論評もできない「コメディ」によって破綻した実生活を暴露する!?
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

喜研会番外編

番外編 喜劇の魅力PART2 ~京都国際映画祭2019から東京国際映画祭2019ユース部門チルドレンまで~ 

【京都国際映画祭(会場:大江能楽堂)】 10月19日(土)13:50 ~ ローレル&ハーディ/コンビ芸の美学 「リバティ」Liberty (24コマ映写) 「ミュージック・ボックス」The Music Box (24コマ映写) 努力と勇気の喜劇王ハロルド・ロイド#1 「ロイドの福…

番外編 怪談 其の三 愛犬は永遠なり

これからお伝えする話は事実で、信じるか信じないかは読む人の勝手だし、幽霊か錯覚かの判断は僕にできない。でも、今回はコワイ話が苦手な人だって大丈夫だろうから、とにかく不思議な体験を味わってみて下さい。 僕の幼年期は、町の中に空き地や空き家が沢…

番外編 “笑い”を語る!喜劇映画の魅力

京都国際映画祭2018 サイレント/クラシック映画部門 10月12日(金)13:40 ~ 黄金期のアメリカ喜劇 #1 喜劇映画の貴公子ハロルド・ロイド 「ロンサム・リュークの爆裂映画館」Luke's Movie Muddle 「要心無用」Safety Last 10月12日(金)16:20 ~ 黄金期…

番外編 怪談 其の二 バイト先の怨霊

今回の話も事実です。体験した状況をそのままお伝えしますので、信じるか信じないか、心霊現象か妄想かの判断はご自由に、僕の勘違いだと思って頂いても構いません。でも、コワイ話が苦手ならば敢えて読まないように! このブログの正編(第十九話~二十話)…

番外編 怪談 其の一 御殿山の少年

これからお伝えする話は事実で、信じるか信じないかは読む人の勝手だ。幽霊か錯覚かの判断は僕にできないけど、とにかくコワイ話が苦手ならば敢えて読むべきではありませんヨ~。 それは1984年の夏、正確な日付は思い出せないけど、日曜日の夜だったかな。フ…