喜劇映画研究会代表・新野敏也による ドタバタ喜劇を地で行くような体験記♪
作品の感想は語れず 衒学的な論評もできない「コメディ」によって破綻した実生活を暴露する!?
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

序章

マック・セネットが発明した水着美人 "bathing beauties" 改めまして、僕は喜劇映画研究会のアラノと申します。漢字で書くと「新野」です。一応、1985年より同会の二代目の代表者を務めております。 僕は本業で映像制作の現場に身を置いて、そこでの経験を喜…

第二六話 喜劇映画研究会の復活

復活した喜劇映画研究会の手作りパンフ。両面コピーで冊子みたいになったので、1979年の頃より完成度が上がったかも。 1985年3月13日の火曜日、六年ぶりに恵比寿のスペース50を借りた。目的は喜劇映画研究会の上映会を開くためだ。 かつて小林君や僕がお世話…

第二五話 おかしな二人

初対面でA氏から貰った海外カタログ。ブーチャードのカタログは劣化が激しくて処分した… 番外編も含め、ここまで書いて、ほとんど女っ気のない話ばかりだったので、僕が同性愛者か独身のヘンタイと思われて不思議はないかも。 一応の弁明をすると(自慢じゃ…

第二四話 山あり谷あり綱渡り

1982年12月5日 六本木のクリエイティブ・スペースOM映写室にて。左がケラリーノ・サンドロヴィッチに変身前の小林君、右が僕。 昭和の後半を一緒にガチャガチャ騒いでいた小林君が、平成最後の秋に演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチとして紫綬褒章を受ける…

第二三話 喜劇的に支離滅裂

『フィルム・コレクター連盟』という崇高な文化サークルには入れたけど、やはりどこの組織でも尖鋭的な人と退嬰的な輩は共生するもんで(もちろん僕は後者の部類だが)、ご多分に漏れずここでも会報に寄稿しているキレ者たちは(紀田順一郎氏を除いても)外…

第二二話 生きろ!生き続けろ!

「誰が為に金は有る」1980年 NEW KEYSTONE作品 最高の相棒を亡くした事で、僕は二週間ほど茫然自失となっていた。 ニッポの葬儀はカトリック三軒茶屋教会で執り行われ、僕らニュー・キーストンの馬鹿ガキ軍団も神妙な面持ちで参列した。でも、このお馴染みの…

番外編 “笑い”を語る!喜劇映画の魅力

京都国際映画祭2018 サイレント/クラシック映画部門 10月12日(金)13:40 ~ 黄金期のアメリカ喜劇 #1 喜劇映画の貴公子ハロルド・ロイド 「ロンサム・リュークの爆裂映画館」Luke's Movie Muddle 「要心無用」Safety Last 10月12日(金)16:20 ~ 黄金期…

第二一話 笑いが消えた日

『誰が為に金は有る』の撮影スナップ。因みに本編はモノクロ。 『誰が為に金は有る』の撮影は、1980年の晩秋から始まった。この時点でニッポは翌年の春にレコード・デビューが決まっていたので、所属する会社のプロ・レッスン、水越誠一郎氏との個人練習、コ…